効率がよいノンプログラミングツール

   

ノンプログラミングツールとは業務システムの開発を行う際に必要なプログラミングを排除して、GUIでシステム構築を行うためのツール群のことを指します。一般的な上から下へ命令が進んでいくアルゴリズムやループ処理、条件分岐などを理解していなくてもプログラムを組むことができるので、文系出身の方でも安心してシステム構築を行うことができるのです。使用方法は簡単で、作りたいシステムの機能を入力していくだけで、あっという間にシステムが完成します。通常のシステム開発ではプログラムを自分で組む必要がありますが、ノンプログラミングツールでは要件を定義してツールに入力していけば良いだけなので非常に簡単で、短時間で構築を行うことができます。業務の効率化を行いたい企業にはおすすめできます。

ノンプログラミングツールの効率化によって得られる恩恵

ツールを使用することにより、得られる恩恵はたくさんあります。まずは開発に時間がかからないことです。開発に時間がかからないので、システムを短時間で構築してすぐに実装することができます。一般的なプログラミングにありがちなバグの修正やテストなどといった作業は必要ありません。即実行できるので、人件費を節約することができます。節約できた開発費や人件費などを別の事業の資金に投入することができます。それだけでなく、時間の短時間化が可能なので、人手不足なベンチャー企業であってもおすすめできます。人間の仕事は人間にしかできません。人工知能が発達したとしても、人間の仕事は機械には真似出来ないのです。だからこそ人的資源をキープして置かなければならないのです。ツールを利用することで人的資源を守りましょう。

ツールを使用したときに気をつけること

ツールを使用することにより、短時間化と効率化、節約などが期待できますが、同時に気をつけなければならないことがいくつかあります。まずエンジニアのプログラミング能力がいざという時にプログラムを組むことができなくなります。GUIで操作するので基本的なアルゴリズムに関して理解することができますが、保守や別の言語での開発が難しくなります。これはサーバーなどを管理するデーターセンター業務では致命的で業務を正確に行うことが難しいです。だからツールを利用すると同時に、エンジニアの研修などを行うことで、プログラミング能力を衰えさせること無く、業務を正確に履行するように努力する必要があります。1ヶ月に1回はプログラム制作の研修を外部のシステムエンジニアの方と共同で行いましょう。

ピックアップ記事

GUIを利用したノンプログラミングツール

ノンプログラミングツールとはその名の通りにプログラミングをしなくても目的の結果を導きだすことが出来るツールのことです。本来プログラミングを行うためには特定の言語を習得しそれを組み合わせることで結果を導...

ノンプログラミングツールを比較する際の注意点

プログラミングと言うとIT技術者が行うものといったイメージがあります。プログラミングにはプログラム言語というものを使って行うため、それを習得し使いこなせるまでになるには、かなりの期間勉強が必要です。近...

効率がよいノンプログラミングツール

ノンプログラミングツールとは業務システムの開発を行う際に必要なプログラミングを排除して、GUIでシステム構築を行うためのツール群のことを指します。一般的な上から下へ命令が進んでいくアルゴリズムやループ...


重要点