ノンプログラミングツールを使えば初心者も開発競争に参加できる

   

プログラミングの経験が浅い、またはほとんど開発したことがない初心者でも容易にアプリケーションの開発や修正が可能なノンプログラミングツールが注目を集めています。これまでシステムやアプリケーションの開発といえば、長期間の訓練により専門技術を修得した技術者が、専門的な知識を用いて顧客と仕様を検討し、短くても数ヶ月の期間をかけて完成させるのが通例でした。そのような長い開発期間と工数を必要とせず、直観的に初心者でも顧客が要望する仕様を反映したシステムやアプリを作れるようにしたのがこのツールです。開発者の人数が少なく大きなシステムを手がけられなかった小規模な企業や、アプリのアイディアはあるのに開発する技術がなく技術者を雇用しなければならなかった企業などを中心に、今、その利用価値が大きく取り上げられています。

導入のハードルが低く扱いやすい

従来の開発ツールは、それを導入するために高額で大掛かりな装置を設置する必要がありました。また専用のハードウェアだけではなく、その中で作動する専用ソフトも導入しなければツールを稼働させることができませんでした。ノンプログラミングツールはWebベースで稼働するものが主流です。このため、既存のハードウェア(パソコンやワークステーションなど)とOSがあるオフィスであれば、即日、使い始めることができます。さらに、使用するために用意するデータもパソコンで一般的に使用されているテキストエディタや表計算ソフトを使って生成できるため専門的な知識を必要としません。開発を始めようと思ったその日からスタートできる。この導入のハードルの低さが大きなメリットであり魅力です。

スピードアップする情報社会に対応

ノンプログラミングツールの最大の魅力は、主にGUIによる数値の設定や、用意された部品を画面上でドラッグアンドドロップすることで初心者でもシステムやアプリが開発できることです。この機能はビジネスにおける様々な局面におけるスピードアップを可能にしています。まず、従来のように技術者を雇用するための期間や教育する期間が不要になります。また、顧客からの要求仕様が変更になった際も迅速に対応が可能です。誰でもすぐにプログラミング作業に参加できるツールであるため、特定の技術者にしかプログラムの修正ができないという属人化による開発の遅延がなくなります。さらに、開発するアプリの一部あるいは試作版であれば顧客と打ち合わせをしながら動かしてみせることができるため、開発者とユーザーの間に仕様の錯誤が発生するリスクも少なくなり、開発作業のやり直しがほぼ無くなります。スピードアップする情報社会にマッチした開発スピードを提供してくれるツールと言えます。

ピックアップ記事

GUIを利用したノンプログラミングツール

ノンプログラミングツールとはその名の通りにプログラミングをしなくても目的の結果を導きだすことが出来るツールのことです。本来プログラミングを行うためには特定の言語を習得しそれを組み合わせることで結果を導...

ノンプログラミングツールを比較する際の注意点

プログラミングと言うとIT技術者が行うものといったイメージがあります。プログラミングにはプログラム言語というものを使って行うため、それを習得し使いこなせるまでになるには、かなりの期間勉強が必要です。近...

効率がよいノンプログラミングツール

ノンプログラミングツールとは業務システムの開発を行う際に必要なプログラミングを排除して、GUIでシステム構築を行うためのツール群のことを指します。一般的な上から下へ命令が進んでいくアルゴリズムやループ...


魅力